住宅ローン

固定金利と変動金利の違いとは

投稿日:2019年1月30日 更新日:

固定金利と変動金利の違い

こんにちは、ユウキです!

住宅ローンのポイントになる「金利」。そもそも金利ってなんのことでしょう?

金利は住宅ローンの借入額に対する利息の割合のこと。借入額に対して何%の金利、という言い方になります。

金利は大きく分けて2つのタイプがあります、それが
「変動金利」「固定金利」

ユウキ
この記事では金利のタイプによる違いをしっかり解説していきます!

※この記事で引用している金融機関の金利の値は2018年1月に確認したものです。

金利が違うと支払額がこんなに変わる!

金利が高ければ支払額も高くなる、というイメージがありますよね。そのとおり!

例えば2500万円を35年で返済すると、金利1%なら総返済額2,964万円。1.5%なら3,215万円251万円もの差が出ます。(住宅保証機構株式会社の住宅ローンシュミレーションで試算)

金利は上がれば上がるほど返済額が高くなるもの。

どの金融機関なのか、支払う期間や固定・変動など金利の種類や支払い方で返済額は変わってきます。

ユウキ
まずは金利のポイントをおさえて、少しでも有利な住宅ローンを選びましょう!

 

【必読】絶対に読んでおきたいオススメ記事一覧!

未分類

間取図作成・住宅資料取り寄せ「タウンライフ家づくり」の概要

無料でハウスメーカーの建築士が間取図プランを作成してくれるサービスの概要

続きを読む

木造建築・内装工事

注文住宅の着工から引き渡しまでの流れ 基礎工事、建築工事、外構工事の全工程を大公開

  こんにちは、ユウキです! 当サイトでは注文住宅新築工事シリーズとして、私の自宅の工事着工前の状況から、基礎工事、建築工事、屋根・外壁工事、外構工事が完了し引き渡しに至るまでの全工事工程を完全公開しております。 「いざ自分が家を建てたい!」と思った時に、注文住宅完成までの流れを把握出来ていれば、知識面で大きなアドバンテージを得る事ができます。 注文住宅新築工事シリーズでは沢山の写真や動画、360度映像を使用して、各工事工程を事細かに紹介しています。 ユウキ 注文住宅新築工事シリーズを読み終える ...

続きを読む

住宅ローン

注文住宅の住宅ローン、選び方から融資実行(支払開始)のまでの流れ

家の取得につきものの住宅ローン。数千万を2,30年かけて返すという大掛かりな借金です。 住宅ローンの種類や金利のタイプによって総返済額も変わってきます。元金が大きいだけに利息も数百万になり、手続きの多さもなかなか…。 この記事では住宅ローンを選ぶポイント、手続きの全体的な進み方を解説します。 自分に合った金融機関やプランを見つけられると、将来の返済も安心です。 ユウキ 住宅ローンの選びかた、注文住宅の流れを知ってスムーズに家づくりを進めましょう! 住宅ローン選びのポイント 最初に、どの金融機関の住宅ローン ...

続きを読む

土地の基礎知識

土地探しのコツと身に着けておくべき知識

人生に1度の買い物と言ってもいいマイホーム。快適な家を建てたいですよね。 でも、快適な家ってなんなのか?誰しもが豪邸に住みたいとは思いません。自分や家族が毎日を過ごす場所、暮らしていて幸せを実感できる家づくりをしたいのではないでしょうか。 仕事や買い物に行きやすい、洗濯物を干しやすい、料理が便利にできる、共有スペースもプライバシーもある…ささやかな利便性の積み重ねが暮らしやすい家につながります。 家づくりの基本は土地です。間取りや設備も重要ですが、土地あってこその家。建物は設計次第で工夫できますが、土地は ...

続きを読む

固定金利と変動金利の違い

固定金利と変動金利の違い

固定金利金利、返済額がずっと一定。

変動金利金利、返済額が変わる。金利は半年に一度、返済額は5年に一度見直される。

「途中で金利・返済額が変わるかどうか」が一番の違いです。

固定金利は契約したときから完済まで金利・返済額ともに変わらず一定のまま。逆に変動金利は金利は半年ごと、返済額は5年ごとに見直されます。

返済額が変わらないなら固定金利一択じゃないか?と思いがちですが、そうとも言えません。

固定金利を選ぶ人は全体の17.7%。変動金利を選ぶ人は57%という調査結果があります。(住宅金融支援機構による民間住宅ローンの実態調査 28年度より)
借りる人によって使いたい金利タイプが違うということですね。

ユウキ
それぞれどんな人に向いてるのか、どんな返し方がいいのか解説していきます。

 

「固定金利」を詳しく

固定金利

家賃感覚で払い続けたい!

金利は全期間固定。支払額も固定。よく「家賃と同じくらいの住宅ローンで」なんて聞きますが、その感覚に一番近いのが固定金利です。

フラット35もここ。固定金利を選ぶ人のうち、だいたい6割がフラット35を利用しています。

返済する金額が変わらないので、残っている金額もハッキリしている。最初の見通し通りに進んでいくんです。

ただ、安心感とひきかえ?に設定金利は変動金利よりもやや高め。今後変動金利が下がっても、固定金利は良くも悪くも変わらぬまま。

上がらぬメリット、下がらぬデメリット、ですね。

 

こんな人なら固定金利

「とにかく安定が大事!」
「残額を把握しながら支払いたい」

固定金利は、計画性や安心感を重視したいかたにおすすめです。返済額が変わらないからプランを立てやすい。

子供が産まれる予定・小さい子供がいるご家庭にも固定がおすすめ。

子育ては受験、積立、制服、食費光熱費…出費がかさみます。収入も右肩上がり間違いなし、ならいいんですが、その保証はなかなかありません。支出が増えることがわかっているのに、住宅ローンの支払額も上がるかもしれない…これは不安です。住宅ローンは毎月いくら、と支払額が固定されているほうが家計の計算もやりやすいでしょう。

 

「変動金利」を詳しく

変動金利

金利の低い状況を活かしたい!

民間の金融機関で取り扱っている変動金利の住宅ローン。金利の低さがウリです。

例えば、フラット35が金利1.33%。りそな銀行の固定が1.4%、りそな銀行の変動が0.47%(店頭表示金利より-2%後)。明らかに変動金利のほうが低いです。店頭表示金利からの割引には条件があって、りそな銀行の場合はカードを作って公共料金の引き落としをりそなにする、というもののようです。金融機関によって違うので一応チェックは必要。

ここ数年、今までにない低金利時代。冒頭お話したように、金利が0.5%違えば百万単位で支払額が変わります。金利が低い今だからこそ変動金利にしておこう、と考えるのは当然のことです。

 

金利と返済額の見直しについて

変動金利には2つのポイントがあります。

①「金利は半年・返済額は5年で見直しがかかる」ことです。半年ごとに金利が変わる(変わらないこともある)が返済額は変わりません。返済額に影響がくるのは5年ごと、なのです。

更に②「返済額の上昇幅は125%まで(元利均等返済のとき)」になっていること。125%ルールと言われます。現在80,000円支払っているなら、金利がいくら上がろうと100,000円以上にはならないのです。毎月の支払が急上昇しないのはありがたいですよね。ただしここには落とし穴が。

金利からすればもっと返済額が上がるはず…そんなとき、125%超えるぶんはどこに?まるっと得するのか?もちろんそんなうまい話はありません。返済額のうち、元金より利息の割合を増やして調節されるんです。すると利息ばかり支払って、元金がなかなか減らない状態になります。さらに大幅な金利上昇があった場合、返済額のうち元金より利息の額が増えてしまい、払いきれない利息「未払い利息」が発生する可能性も…。

125%ルールによって繰り越された元金・利息の精算は、金融機関にもよりますが最終返済回に支払う場合が多いようです。

 

こんな人なら変動金利

「住宅ローンは早く完済する!」
「そんなにたくさん借りないよ」

金利が低いのは嬉しいけど、上がったときが怖いのが変動金利。変動金利をうまく利用するなら、早く返せる・借入額が多くない場合がいいですね。

中古住宅の購入や、頭金を多めに用意できるときなどは借入額がそこまで増えないですよね。であれば利息の割合も少なくなるし、完済への期間もあまり長くない。

夫婦共働きでどんどん繰り上げ返済するつもり、というご家庭も変動金利向きと言えます。金利が低いうちに返済していけばリスクは減ります。

ユウキ
金融機関によっては変動金利から固定金利に切り替えられるケースも。説明をしっかり読むことが大事です

 

間を取った「固定期間選択型」

固定期間選択型

さらに、固定金利と変動金利の中間のような「固定期間選択型」というタイプもご紹介しておきます。「変動金利の固定金利特約」も同じものです。

なんと調査結果では全体の25.3%が固定期間選択型の金利を選んでいます。全期間固定金利よりも多く、見逃せない選択肢です。

 

固定期間のあとに変動・固定を選べる

2年、5年、10年、20年など最初の一定期間は固定金利。その期間が終わったら、変動か固定かを選びます。変動金利を選んだ後でも、申し出れば固定金利に再変更も可能。逆に固定→変動もできます。

一般的には固定期間が短いほど金利が安いです。りそな銀行の場合、1~9年固定で0.945%、10年固定で0.645%、15年固定で1.745%、20年固定で2.295%。10年固定なら、全期間固定よりも低い金利で利用できますね。

]注意点は、固定期間選択型は変動金利の「125%ルール」のような返済額の上昇幅に制限がないことがほとんどなこと。固定期間が終わったあと、金利が上がっていれば返済額も高くなることを理解しておきましょう。

 

こんな人なら固定期間選択型

「固定金利・変動金利のいいとこ取りをしたい!」
「○年後に収入に余裕ができる予定」

固定金利の「返済計画が立てやすい」、変動金利の「低い金利で返済額を抑える」それぞれのメリットを受けたいなら固定期間選択型です。

最初の○年間は計画的に支払い、その後は金利の変化に応じて固定か変動か選ぶ。○年後に金利が大幅に上がっていなければお得になるというわけです。

特に○年後に【定年退職、保険が満期になる、子供の学費がいらなくなる】…など、収支に余裕ができる見込みがあれば、万が一金利が上昇していても対応できます。

ユウキ
フレキシブルな対応ができるのが選ばれる理由でですね。

 

簡単!試算してどれが得か調べる方法

手計算するのもアリですが、おすすめなのはやはり住宅ローンシュミレーション。

▶住宅保証機構株式会社の住宅ローンシュミレーション

借入額・返済期間・金利タイプ・金利の値などを入力すれば月々の返済額、総返済額を算出してくれます。

2,500万円を35年返済で借入れた例で計算してみました。

  1. 全期間固定金利1.33%(フラット35)なら月返済額74,481円、総返済額31,281,943円
  2. 固定期間選択型10年0.7%、残を1.5%なら月返済額67,130円→10年後73,869円、総返済額30,216,375円
  3. 変動金利5年0.5%、10年1%、残1.8%なら月返済額64,896円→69,765円→75,314円、総返済額30,340,781円

まず固定金利の値で計算して、固定期間選択型・変動と金利を変えて比べてみるといいでしょう。どれくらい金利が上がれば固定金利を上回るのかのアタリがつけられます。

変動金利は半年ごとに金利の見直しが入るので、予測して入力するのは難しいですが…。金利が急激に上がらないことを祈りつつ。

ユウキ
上の例では変動金利・固定期間選択型どちらも固定金利より安くなる結果でした。やはり金利の安い時代ですね…

 

まとめ

住宅ローンの返済額は金利で大きく変わります。金利が低ければ低いほど助かるけれど、「安いが絶対続く保証」はない。

トータルな安定を選ぶなら固定金利金利の低さを利用するなら変動金利ほどほどに低金利・バランスなら固定期間選択型

ご家庭のライフプランとあわせて考えれば、あなたにちょうどいい金利タイプが見つかります。

ユウキ
10年、20年後の支払能力がどうなっているか?どんなふうに返済していきたいか?自分なりの返済プランを思い描いてみてください!

家づくりで絶対に失敗したくない方へ

"タウンライフ家づくり"という「ハウスメーカー勤務の建築士が無料で間取図プランを制作してくれるサービス」をご存知でしょうか?

実際に各ハウスメーカーから送られてきた間取図プラン

  • 「アポ無しの訪問営業や電話連絡が沢山来るようになるんじゃないの…?」
  • 「ソフトで作った簡易的でショボい間取図しか貰えないんでしょ…?」

ハウスメーカーのグループ会社に勤務していて日々家づくりに携わっている私が、タウンライフ家づくり実際に利用した上で、「誰が得をして、誰が損をしているのか?」、「実際にアポ無し訪問は電話連絡はあったのか?」といった部分まで踏み込みサービス概要を丸裸に解き明かしてみました。

結論を言うと、私が実際に利用してみた限り「アポ無し訪問・電話連絡無し」で間取図作成のサービスを依頼する事ができました。

家づくりの情報収集をしている人、または計画している人は、利用しない手は無い優良なサービスだと思います。

勿論、「現在土地を所有をしていない人」、「家の建て替えを考えている人」でも同じように図面を作成して貰う事ができます。

ぜひ、下記の記事からサービス概要を確認してみてください。

タウンライフ家づくりの詳細解説ページを見る

関連記事をみる

-住宅ローン

Copyright© 注文住宅ラボ , 2019 All Rights Reserved.