住宅建築工法

ツーバイフォー工法(2x4、2x6、木造枠組壁工法)の性能・特徴と欠点を徹底解説

投稿日:2019年3月8日 更新日:

こんにちは、ユウキです!

今回は2x4(ツーバイフォー)工法、いわゆる木造枠組壁構法について解説します。

2x4工法は近年着実に利用数を伸ばしている建て方のひとつ。特徴やメリットデメリットを総合的にお伝えしますので、ぜひハウスメーカー選びの参考にしてください。

ユウキ
よく木造軸組工法(在来工法)と比較される工法なので、その違いもチェックしておきましょう。

 

「タウンライフ家づくり」利用体験レポート

「タウンライフ家づくり」というハウスメーカーカタログの一括取りよせサービスをご存知でしょうか。

このサービスの凄いところは、ただ資料請求が出来るだけでなく「ハウスメーカー勤務の建築士が無料で間取図プランを制作してくれる」という点で、現在ネットで話題になっています。

実際に僕がサービスを利用してみて、「どんな資料・間取プランを作成して貰えたのか?」、「利用後の電話営業、訪問営業はあったのか?」、「このサービスにおいて、ハウスメーカー・広告代理店・サービス利用者で一番得をしているのは誰なのか?!」等といった体験レポートをまとめました。家づくりを考えている方にとっては、大いに役立つ情報になっています。気になる方はぜひチェックしてみてください!

>>タウンライフ家づくりの利用体験レポートを見る

木造枠組壁工法(2x4、2x6)の解説

木造枠組壁工法(2x4、2x6)の解説
2x4工法は北米由来の建築方法です。アメリカやカナダでは木造住宅のほとんどが2x4ー工法で建てられています。

木造枠組壁工法とも呼ばれ、木の枠組みに構造用合板を張った壁、いわゆる面で全体を支えます。床・壁・天井の6面を壁で囲むかたちです。同じ木造住宅でも木造軸組工法(在来工法)は柱と梁などの線で支えるタイプなので、負荷のかかり方が違います。

「2x4(ツーバイフォー)」という名前の由来は2インチ×4インチの木材を中心に使うから。と言っても実際の2インチ×4インチ(50.8mmx101.6mm)とはサイズが異なります。建材として使えるのは含水率19%以下の木材で、規定サイズを「38mmx89mm」と指定されています。木材は乾燥すると収縮するのでそれを考慮しているんですね。

最近は木材規格が2x6のツーバイシックス、2x8のツーバイエイトという住宅も出てきています。

ユウキ
規格サイズが大きくなるほど壁が厚くなり、断熱性が上がりますよ。

 

木造枠組壁工法(2x4、2x6)のメリット・性能

木造枠組壁工法(2x4、2x6)のメリット・性能

比較的建築費用が安い

木造軸組工法(在来工法)の平均工事費

1㎡あたりの平均工事費(2016年)を見ると、木造在来工法に続いて2x4工法が188,964円/㎡と安めになっています。これは1坪あたり約62万円という数字です。(林野庁「最近の住宅着工動向等に関する資料」より)

在来工法と2x4工法の価格帯は大きく変わらず、比較的手頃。在来工法はローコスト住宅で多く採用されるので平均費用が下がるのは理解できますね。

2x4工法の費用が抑えられる理由は、木材は安く仕入れできること・材料が規格化されていて工場で大量に加工できることなどがあげられます。

若干在来工法よりツーバイフォー工法が高いのは、中堅・大手ハウスメーカーの取扱いが多いゆえでしょうか。木材以外の部材、グレードなども少し上がっていることが考えられます。

ユウキ
2x4工法自体は高額ではありません。それだけに在来工法と比較されやすいとも言えます。

 

工期が短く品質が安定している

工期が短く品質が安定している

2x4工法は非常に施工性が良いです。建て方がマニュアル化されているため、比較的経験の浅い大工さんでも早いスピードで安定した品質の家が建てられます。建築期間はだいたい着工から3ヶ月ほどです。

現場では工場でプレカットされた木材を金物で接続していけばOK。在来工法のように木材の接合部(継ぎ手・仕口)を加工の必要がありません。現在は在来工法もほとんどがプレカット木材を使用していますが、それに比べても2x4工法は建てやすい。木材のサイズだけでなく金物の種類、釘の色分けまでされている徹底ぶりです。

工場でのプレカット、現場での施工性が規格化されているので品質は一定。

ユウキ
どこに頼んでもバラツキの少ない建築方法です。

気をつけなければならないのは加工前の木材がしっかり乾燥されているか、くらいでしょうか。乾燥が甘いと反りや割れにつながります。もっとも、これは2x4工法に限らず木造建築すべてに言えることですね。

 

耐震性・耐火性に優れている

耐震性に優れている

2x4工法の耐震・耐火性は高いと言えます。

まず耐震性の高さ。2011年の東日本大震災では、当面補修をしなくとも居住に支障のない住宅が95%だったとのこと。(日本ツーバイフォー建築協会より)
2016年の熊本地震では同じく97%が居住に支障がなく、半壊・全壊もなし。

強い地震にも耐えられた理由は面で支える構造のためと考えられます。施工ムラが少ないのも安定性に関係しますね。比較的新しい工法で古い建物が少ないことも倒壊が少ない理由の1つでしょう。

耐震性・耐火性に優れている

また、耐火性能にも優れているのが2x4工法。部屋で出火した場合、壁の石膏ボードから断熱材、構造材へと燃えていきます。しかし石膏ボードや断熱材は不燃物のため広がりづらく、さらに構造体に隙間が少ないので火の回りも遅くなります。壁の構造が独立しているので一気に燃え広がることがないのです。火災保険の保険料が安くなる「省令準耐火構造」も満たしやすいのが2x4工法です。

ユウキ
災害に備えるなら2x4は選択肢に入れたいですね!

 

断熱性・気密性に優れている

断熱性・気密性に優れている

2x4工法は壁が面で隙間がないうえ、それを箱型にカッチリ組むため気密性は高いです。

木材のサイズも規格化されているので断熱材も入れ込みやすい。隙間ができづらいので気流(空気の流れ)ができず、高断熱・高気密な家ができるんです。在来工法は柱や筋交いが入り組むため隙間ができやすいですが、2x4は工法はシンプル。だからこそ無駄がないというわけですね。

断熱性は壁の厚みがあるほど増すため、最近は2x6(ツーバイシックス)や2x8(ツーバイエイト)という壁厚を出せる規格の木材を使って、いっそう高断熱にしているハウスメーカーもあります。

ユウキ
北米生まれだけに寒さには強い建て方というわけです。

なお、高気密な家は部屋の湿気を逃しにくいという面もあります。建物内に湿気がたまるとカビや結露の原因になるので適切な換気・透湿防水シートの張り方などが重要になってきます。

 

 住宅建築工法 関連記事

木造軸組工法(在来工法)の性能・特徴と欠点

木造軸組工法は日本で古くから使われてきた建築方法です。「伝統工法」「在来工法」の2つに分けられます。今回は在来工法について詳しく解説していきます。なお、伝統工法は世界最古の木造建築である法隆寺の五重塔や、古くからの寺社仏閣・古民家で使われている工法です。金物を使わず、木材を縦横に組んでいます。

続きを読む

木造枠組壁工法(2x4、2x6)の解説

ツーバイフォー工法(2x4、2x6、木造枠組壁工法)の性能・特徴

2x4工法は北米由来の建築方法です。木造枠組壁工法とも呼ばれ、木の枠組みに構造用合板を張った壁、いわゆる面で全体を支えます。床・壁・天井の6面を壁で囲むかたちです。同じ木造住宅でも木造軸組工法(在来工法)は柱と梁などの線で支えるタイプなので、負荷のかかり方が違います。「2x4(ツーバイフォー)」という名前の由来は2インチ×4インチの木材を中心に使うから。と言っても実際の2インチ×4インチ(50.8mmx101.6mm)とはサイズが異なります。建材として使えるのは含水率19%以下の木材で、規定サイズを「38 ...

続きを読む

木造軸組パネル工法の概要

木造軸組パネル工法の性能・特徴と欠点

木造軸組パネル工法は「木造軸組工法(在来工法)」と「木造枠組壁工法(ツーバイフォー)」を組み合わせた建築方法です。柱と梁を縦横に張り巡らせる軸組工法、ツーバイフォー材の枠組みに面材を張ったツーバイフォー工法。これを組み合わせ、縦横の軸組に面材(パネル)を張ったのが「木造軸組パネル工法」。ハイブリッド工法と呼ばれたり、各社が独自工法として名前を付けたりしています。軸組工法の長所(設計の自由度)とツーバイフォー工法の長所(耐震・断熱性の高さ)をあわせ持ついいとこどりです。

続きを読む

鉄骨軸組工法の解説

鉄骨軸組工法の性能・特徴

鉄骨軸組工法は木造軸組工法(在来工法)の木材を鉄骨に置き換えたものです。 柱と梁を縦横に組み、耐力壁と言われる筋交いを斜めにを渡した壁で建物を支えます。 鉄骨の筋交いはX状が基本で、ブレースと呼ばれるため「ブレース構造」とも呼ばれます。ブレースの形状やはたらき方はハウスメーカー各社で違い、それぞれが開発した独自の耐震技術を商品化しています。同じ鉄骨造でもハウスメーカーによって仕様は異なるということですね。

続きを読む

鉄骨ユニット工法

鉄骨ユニット工法の性能・特徴

鉄骨ユニット工法は、工場生産された鉄骨枠組ユニットを現場で組み立てる建築方法です。 普通の建築工事は現場で構造を組み立てますが、ユニット工法は工場で外壁や窓、断熱材なども含めたボックス状のユニットを製造します。 工場生産→現場組立てする建て方を総称してプレハブ工法と言い、ユニット工法はもっともプレハブ化された工法です。(最近は鉄骨造・木造どちらも工場生産に頼るので広い意味ではほとんどがプレハブですが…)。

続きを読む

木造枠組壁工法(2x4、2x6)のデメリット・欠点

木造枠組壁工法(2x4、2x6)のデメリット・欠点

間取り設計の自由度がやや低い

間取り設計の自由度がやや低い

2x4工法は面で構成された箱を組み合わせるイメージ。箱、要は長方形の組み合わせで間取りを作るので複雑な間取りは作れません。

設計にも住宅性能のためのルールがあり、そのとおりに組むので間取りの自由度は多少低くなります。1階と2階の壁の位置も大幅に変えることは難しいです。逆に在来工法では自由な間取り設計が可能です。

2x4工法のルールは、例えば以下のようなものがあります。

  1. 建物の角は90cm以上の耐力壁を設ける
  2. 耐力壁は90cm以上にする
  3. 耐力壁線区画は40㎡未満にする
  4. 耐力壁線区画の長短比は1:4以下にする
  5. 耐力壁線の下には基礎がある
  6. 開口部は耐力壁線の3/4以下にする
  7. 開口部の幅は最大4m
  8. 開口部の上にまぐさ(補強材)を入れる

※耐力壁=基本的な壁(石膏ボード上下左右10cmごとに釘打ちしたもの)。耐力壁線=耐力壁の長さ。耐力壁線区画=耐力壁で囲まれた部屋。

なかなか厳しそうに見えるかもしれませんが、実際にはそこまででもありません。90cm以下の壁なんてあまり作らないですし、4m以上の開口部もなかなかレアケースです。

ユウキ
凝った作りにするなら向きませんが、一般的な住宅を建てるならそう問題にはならない程度です。

 

リフォームの自由度がやや低い

間取り設計に若干の制限があるということは、リフォーム時も同じですね。耐力壁の位置などを確認してリフォーム設計をする必要が出てきます。ガラッと間取りを変えるのは難しいでしょう。

反面、設計の制限内なら構造を崩さずにリフォームしやすいとも言えます。新築時の図面を見れば、どの壁をどれくらい残せばいいのか計算がしやすいのです。ルールを守れば壁の位置変更や開口部も設けられます。

 

上棟まで時間がかかる

工期の短い2x4工法ですが、上棟=屋根がかかるまでは一週間程度の時間がかかります。建て方の順序的に致し方ないものです。

基礎→1階床→1階壁→2階床→2階壁→屋根、と下から順に進めるため屋根は最後に取り付けることになります。

多少の雨くらいなら乾燥するので大丈夫。2x4の構造用合板は「特類」という非常に接着強度の高いものが使われているので強度的には問題ないとされています。とはいえ上棟までの間に長雨や台風にあたると木材の心配はありますからね。

ユウキ
過度な心配は不要ですが、養生も大切。雨が続くときは現場をチェックしておきたいです。

 

木造枠組壁工法(2x4、2x6)を扱っているハウスメーカー

地方中小工務店

地域の工務店は基本的に在来工法を採用しているところが多いですが、2x4で建てる会社や、在来と2x4どちらも建てられる会社も存在します。費用を抑えたいときは探してみるのもいいでしょう。

 

中堅・大手ハウスメーカー

住友林業、セルコホーム、スウェーデンハウスなど、多少名の通ったハウスメーカーは2x4や2x6の取扱いが多いです。木造住宅のハウスメーカーをはじめ、特に北米(カナダ、アメリカ)やヨーロッパ系の住宅を建てる会社はほぼ2x4工法です。

大手ハウスメーカーは高品質な部材や建築後の保証のため2x4工法としては費用は高くなりがちですが、さらに高コストな建築方法(パネル工法、鉄骨など)よりは手を出しやすい存在です。

ユウキ
施工が容易なため取扱い会社も幅広いのが2x4工法。注文住宅はもちろん、近年は建売でもシェアを伸ばしています。

 

木造枠組壁工法(2x4、2x6)での住宅建築に適しているのはこんな人

木造枠組壁工法(2x4、2x6)での住宅建築に適している人

2x4工法は安定した品質、災害に強い、暖かい。それでいて建築費用もそこそこなのでオールマイティーに対応できる建て方です。

在来工法に比べると日本での歴史は長くはありませんが、特に地震への強さで評価されています。

気密性が高いぶん湿度調整には気を配る必要があります。内部結露にはどんな対策をとっているか?ハウスメーカーに確認しておきたいポイントですね。

そんな2x4工法が向いているのはこんな人。

  1. 建築費用は抑えすぎずかけすぎず
  2. 頻繁に現場を見に行けない
  3. 地震など火災に備えたい
  4. 冷暖房効率を良くしたい
  5. 北海道・東北など寒冷地住み
  6. できるだけ早く家を建てたい

品質にバラつきが出にくいので、建築中の現場観察(設計通りに建てられているかチェック)が難しい人に向いています。どんな建築方法だろうと現場の大工さん・職人さんのやり方で質の良し悪しが決まってしまうのは同じ。ただ、施工手順がマニュアル化されている2x4はいくらか安心感があります。

上で書いたように耐震・耐火性の高さが特徴なので災害が懸念される地域でも活躍できるでしょう。断熱気密性の高さは東北や北海道など寒い場所にも向きます。

工期が短いので早めに入居したい事情がある人にも適していますね。

ユウキ
価格と品質のバランスのとれた工法です!今後もシェアを伸ばしていきそうです。

 

 住宅建築工法 関連記事

木造軸組工法(在来工法)の性能・特徴と欠点

木造軸組工法は日本で古くから使われてきた建築方法です。「伝統工法」「在来工法」の2つに分けられます。今回は在来工法について詳しく解説していきます。なお、伝統工法は世界最古の木造建築である法隆寺の五重塔や、古くからの寺社仏閣・古民家で使われている工法です。金物を使わず、木材を縦横に組んでいます。

続きを読む

木造枠組壁工法(2x4、2x6)の解説

ツーバイフォー工法(2x4、2x6、木造枠組壁工法)の性能・特徴

2x4工法は北米由来の建築方法です。木造枠組壁工法とも呼ばれ、木の枠組みに構造用合板を張った壁、いわゆる面で全体を支えます。床・壁・天井の6面を壁で囲むかたちです。同じ木造住宅でも木造軸組工法(在来工法)は柱と梁などの線で支えるタイプなので、負荷のかかり方が違います。「2x4(ツーバイフォー)」という名前の由来は2インチ×4インチの木材を中心に使うから。と言っても実際の2インチ×4インチ(50.8mmx101.6mm)とはサイズが異なります。建材として使えるのは含水率19%以下の木材で、規定サイズを「38 ...

続きを読む

木造軸組パネル工法の概要

木造軸組パネル工法の性能・特徴と欠点

木造軸組パネル工法は「木造軸組工法(在来工法)」と「木造枠組壁工法(ツーバイフォー)」を組み合わせた建築方法です。柱と梁を縦横に張り巡らせる軸組工法、ツーバイフォー材の枠組みに面材を張ったツーバイフォー工法。これを組み合わせ、縦横の軸組に面材(パネル)を張ったのが「木造軸組パネル工法」。ハイブリッド工法と呼ばれたり、各社が独自工法として名前を付けたりしています。軸組工法の長所(設計の自由度)とツーバイフォー工法の長所(耐震・断熱性の高さ)をあわせ持ついいとこどりです。

続きを読む

鉄骨軸組工法の解説

鉄骨軸組工法の性能・特徴

鉄骨軸組工法は木造軸組工法(在来工法)の木材を鉄骨に置き換えたものです。 柱と梁を縦横に組み、耐力壁と言われる筋交いを斜めにを渡した壁で建物を支えます。 鉄骨の筋交いはX状が基本で、ブレースと呼ばれるため「ブレース構造」とも呼ばれます。ブレースの形状やはたらき方はハウスメーカー各社で違い、それぞれが開発した独自の耐震技術を商品化しています。同じ鉄骨造でもハウスメーカーによって仕様は異なるということですね。

続きを読む

鉄骨ユニット工法

鉄骨ユニット工法の性能・特徴

鉄骨ユニット工法は、工場生産された鉄骨枠組ユニットを現場で組み立てる建築方法です。 普通の建築工事は現場で構造を組み立てますが、ユニット工法は工場で外壁や窓、断熱材なども含めたボックス状のユニットを製造します。 工場生産→現場組立てする建て方を総称してプレハブ工法と言い、ユニット工法はもっともプレハブ化された工法です。(最近は鉄骨造・木造どちらも工場生産に頼るので広い意味ではほとんどがプレハブですが…)。

続きを読む

 

「タウンライフ家づくり」利用体験レポート

「タウンライフ家づくり」というハウスメーカーカタログの一括取りよせサービスをご存知でしょうか。

このサービスの凄いところは、ただ資料請求が出来るだけでなく「ハウスメーカー勤務の建築士が無料で間取図プランを制作してくれる」という点で、現在ネットで話題になっています。

実際に僕がサービスを利用してみて、「どんな資料・間取プランを作成して貰えたのか?」、「利用後の電話営業、訪問営業はあったのか?」、「このサービスにおいて、ハウスメーカー・広告代理店・サービス利用者で一番得をしているのは誰なのか?!」等といった体験レポートをまとめました。家づくりを考えている方にとっては、大いに役立つ情報になっています。気になる方はぜひチェックしてみてください!

>>タウンライフ家づくりの利用体験レポートを見る

関連記事をみる

-住宅建築工法

Copyright© 宮城の家づくり情報局 , 2019 All Rights Reserved.