建築士が無料で間取図を制作してくれる?!「タウンライフ家づくり」を実際に利用してみた

 

こんにちは、ユウキです!

最近テレビやネット上で話題になっている「タウンライフ家づくり」というサービスをご存知でしょうか。

端的に言うと、「ハウスメーカーの資料を取り寄せると同時に、ハウスメーカー勤務の設計士(1・2級建築士)が無料で間取図プランを制作してくれるサービスなのですが…。

  • 「正直あやしくない?」
  • 「アポ無しの訪問営業や電話連絡が沢山来るようになるんじゃないの」
  • 「ソフトで作った簡易的でショボい間取図しか貰えないんでしょ」

と、サービス利用前に私自信浮かんだ数々の疑問を解消すべく、実際にサービスを利用してみました笑

ユウキ
タウンライフ家づくりを分析して丸裸にしました!「サービスの概要」、「利用するメリット・デメリット」、「利用するポイント」について、徹底的に解説していきます!

 

タウンライフ家づくりとはこんなサービス

一括でハウスメーカーの資料請求を行えるサービス

まず、タウンライフ家づくりとはどんなサービスか?という部分から解説していきます。

タウンライフ家づくりは、「積水ハウス」、「セキスイハイム」、「住友不動産」、「タマホーム」、「三井ホーム」、etc…等といった全国600社の大手~中堅ハウスメーカーへ資料請求を行う事ができるサービスです。(※住んでいる地域によって紹介可能なハウスメーカーは10社程度に絞られます)

実際にタウンライフ家づくりから届いた住宅資料

一度に一括して各社のハウスメーカーへ資料請求取り寄せる事が可能になるため、1社ずつ各社へ住所・氏名といった連絡先を入力する手間が省ける…という利点があります。

ユウキ
ここまでは「よくある資料請求サービス」なのですが、実はそれ以外にも、タウンライフ家づくりを利用しなければ得る事ができないメリットが存在します…

 

「無料」で1・2級建築士から間取図面を作成して貰える

それは、タウンライフ家づくりを通して資料請求を行う事で各社ハウスメーカーに勤務している建築士・設計士から本格的な間取図面が無料で作成して貰えるというメリットになります。

上の写真は、実際にタウンライフ家づくりを通して資料請求を行い各社から届いた間取図面になります。

タウンライフ家づくり上の入力フォームを通して要望を伝えた上で、土地図面等の添付を行うと上の写真のような間取図プランを制作して貰えるのです。

通常、ハウスメーカーは初回の間取プランまでは無料で作成してくれるのが普通ですが、それには実際にハウスメーカーや展示場に行って「相談」→「商談」→「間取図案作成」→「商談(展示場に再訪)」というプロセスを踏む必要があります。ハッキリ言ってかなりの労力です…。

タウンライフ家づくりを通してなら、自宅にいながら、煩わしい商談を行う必要なく、複数社から間取図プランの作成して貰う事ができるのは大きなメリットと言えるでしょう。

お住まいの地域によって選択肢として選べるハウスメーカーの種類や数は異なりますが、平均して5~10社程度から一括で資料取り寄せ・間取図作成を依頼する事ができます。(※残念ながら資料請求を行った全てのハウスメーカーが間取図作成を行ってくれる訳ではありませんが…)

※「まだ家づくりの初期計画段階で土地なんて持ってないよ…」という方も多いと思います。ですが、土地を持っていなくても、例えばsuumo等に掲載されている販売図面の写真を撮り、その販売図面の土地形状から間取図プランを作成して貰う事も可能です。詳しくはページ下部にて解説しています。

 

資料請求のやり取りを通して各社の対応や特徴を比較できる

また、実際に資料請求を行ってみると分かりますが、各社のハウスメーカーが送付してくる資料内容は、びっくりするくらい内容に違いがあります。

淡泊に資料だけを送付してくる会社もあれば、手書きの挨拶文付きで資料送ってくれる会社、驚く事に間取図まで手書き+プランの説明書き付きで作成してくる会社もありました。

ただが資料請求、されど資料請求…。資料請求のやりとりを通しても各ハウスメーカーの対応の仕方や特徴も把握する事ができます。

それによって「全然興味が無かった会社だけど、すごく誠実な対応をしてくれそうなハウスメーカーだな。」等といった新しい発見を得る事ができるかもしれません。

 タウンライフ家づくりを利用するメリット
  1. 各ハウスメーカーの建築士・設計士がオリジナルの間取図を無料で作ってくれる
  2. 漠然としていた間取りアイデアの具体化、要不要なアイデアの選別が出来るようになる
  3. 一回の入力でまとめて各ハウスメーカーの資料請求ができる
  4. 間取プランのセンスや資料請求のやりとりを通して各ハウスメーカーの対応の仕方や特徴を知る事ができる

タウンライフ家づくりを通して資料請求を行うと、普通に資料請求を行うだけでは得られないこれだけのメリットを受ける事ができます。

ユウキ
各ハウスメーカーの特徴を掴み、予備知識を備えられる…。タウンライフ家づくりは、家づくりで順調なスタートを切るために、これ以上無く良いサービスだと思います。

公式サイトを確認する

タウンライフ家づくりの概要を見る

 

正直、怪しいサービスなんじゃないの…?

プロから見たサービスの仕組みと概要

…さて、ここまで、メリットばかりをズラズラっと羅列しましたが「無料でユーザーに過剰なサービスをして、怪しいサービスなんじゃないの?何か裏があるんじゃないの…?」と勘ぐってしまう方も多いかも知れません(^^;

そこで、工務店に勤務し、日々新築・リフォーム工事で家づくりに携わっている僕(プロフィールはこちら)から見て、タウンライフ家づくりとはそもそもどんなサービスであるかを分析してみました。

タウンライフ家づくりの利用規約を確認してみると、サービス内容について以下の記載があります。

第2条(本サービスの内容)
(1)注文住宅会社等(以下、会社といいます)に関する情報の閲覧・検索サービス
(2)本条1項(1)の閲覧・検索して得た情報に基づき、ユーザーが自由意思により選択した提案・資料請求について、当該会社に対しユーザーの個人情報・問合せ内容を通知するサービス

…はい、分かりずらいので図解にして、解説してみましょう!

要は、タウンライフ家づくりとは、ダーウィンシステム株式会社という運営する「広告代理サービス」なんです。

各ハウスメーカーはお客さんを欲しています。大手ハウスメーカー等はテレビCMやラジオ・折込チラシ等を中心に何百憶という単位で広告費を掛けてまで、お客さんを呼び込むためにお金を掛けています。(参考までに業界最大手、積水ハウスの2015年度の広告費は「251億円」…物凄い金額です。)

各ハウスメーカーにとって、「家づくりを考えている人(つまり、今この記事を見ているあなた)の情報」は喉から手が出る程欲しい訳です。

そこで、各ハウスメーカーは集客力のある広告代理店に委託して「広告費を支払うから、お客さんになりうる人の情報を紹介して!」と言い、集客の業務委託をしているんですね。

紹介を受けたハウスメーカーは、「私を選んでください!」と言わんばかりに「丹念に作り上げた住宅資料」や「間取図作成サービス」を両手に持ってあなたにこぞってアプローチをしてくる訳です。

資料としてDVDまで送付してくるハウスメーカーも…

ユーザーの状況を例えると、「"ナイナイのお見合い大作戦"で沢山の男性からアプローチを受ける美女」に近いですかね…笑

 

「ユーザー、ハウスメーカー、タウンライフ家づくり」の中ではハウスメーカーが一番損な立場

まとめると、「タウンライフ家づくり」は以下のように各立場で三者三様のメリットがあるサービスと言えるでしょう。

  • ユーザー:ハウスメーカーから資料、間取図プランを貰える
  • ハウスメーカー:タウンライフ家づくりからお客さんを紹介して貰える
  • タウンライフ家づくり:ハウスメーカーから紹介料を貰える

一番デメリットのある立場は「ハウスメーカー」になりますね。紹介して貰ったお客さんが自分の所で契約して貰える可能性は10分の1以下でしょうから…(ハウスメーカーにとっては、たかが広告宣伝費。経費としての投資くらいにしか考えていないとも言えます)

ユーザーにとってのデメリットを考えると「個人情報の提供」によって起こる不都合ですが…。

ユウキ
それについて、以下から私が実際にサービスを利用してみての見解を解説していきます。

 

望まない訪問営業やしつこい電話連絡があるのではないか…?

ユウキ
(タウンライフ家づくりを使ったら、各ハウスメーカーの営業が次々訪問してきたり、電話連絡が鳴りやまなくなったりするんじゃないの?それだったら利用したく無いなあ…)

タウンライフ家づくりの利用を考えている方が一番懸念しているのは、こういった「個人情報を提供する事によって起こる不都合」では無いでしょうか。住宅関係では無いサービスですが、私もネットの資料請求を利用した時にそういった状況になった経験があるため、その不安は物凄く分かります。

結論から言うと、タウンライフ家づくりにでは、申込時にある工夫をする事で、訪問営業や電話営業等を受ける事無くサービスを利用する事が可能です。

 

要望欄に拒否の意思表示を記入すれば「訪問・電話営業」を受ける事なく資料請求が可能

タウンライフ家づくりの申込フォームには、希望・要望を自由記入できるフォームがあります。そこへ訪問営業・電話連続を望まない旨の意思表示」を記入すれば、それらの受ける事なくサービスを利用する事ができます。

今回私は同時に10社に一括資料請求を行いました。「※現在情報収集・資料収集をはじめたばかりの段階のため、訪問や電話でのコンタクトは希望しません。よろしくお願い致します。」と記入し申込を行った所、実際に電話へアポ無し訪問を行ってきた業者は1社もありませんでした。

この方法で100%電話・アポ無し訪問をシャットアウトできるとは限りませんが、万が一要望を記入したにも関わらずこちらの意にそぐわない対応をされた場合、「商談時に強引な手法を取る可能性があるハウスメーカー」とそうではないハウスメーカーを見分ける判断材料になると言えますね(-_-;)

ユウキ
基本的にハウスメーカーはお客さんに嫌われるような行動は取らないため、殆どのケースでは上記の方法で不要なコンタクトは避ける事ができると思われます。

 

実際にタウンライフ家づくりから届いた間取図プランを公開

「タウンライフ家づくりを通して資料請求をするどんな間取図プランが届くのか?」

気になるところですよね。以下から、私ユウキが実際にタウンライフ家づくりから届いた間取図プランを紹介していきます。

ユウキ
正直ここまでユーザーにとってメリットのあるサービスだとは思っていませんでした。実際に送られてきた間取図プランは必見です!

 

どんな要望を記入して資料請求を行ったか

実際に添付した土地図面

タウンライフ家づくりから資料請求を行った際は、上記の土地図面を添付し、以下の依頼内容を記入して申し込みを行いました。(※土地をお持ちでない方も販売図面等を添付する方法で間取図プランの作成を依頼する事ができます。詳しくはページ下部にて解説しています。)

  • 家族構成は大人2人、子供2人
  • 駐車スペースは1台分でOK
  • 間取りは3LDK。2階の寝室を大きく取り、将来的に子供部屋2つへと間仕切りできるようにしたい
  • 1階はLDK+畳スペースで明るく大きな空間を取りたい
  • 収納は多く(リビング収納、ウォークインクロゼット、シューズクローク)希望

 

その結果届いたのがこちら…!

実際にタウンライフ家づくりから届いた資料と間取図プランの写真です!

前述しましたが、タウンライフ家づくりから資料請求を行っても全てのハウスメーカーが間取図プランを作成してくれる訳ではありません。

私は今回合計8社のハウスメーカーへ資料請求を申し込みましたが、実際に間取図プランを制作してくれたハウスメーカーは3社でした。

ユウキ
その対応だけでハウスメーカーの良し悪しが決まる訳ではありませんが、やはり間取図プランまで作成してくれるハウスメーカーの印象は良くなりますね。

せっかくなので、作成して貰った間取図プランを公開します!(ハウスメーカー名までは伏せさせて頂きます)

 

ハウスメーカーAから届いた間取図プラン

手書きの間取図プランに加え、設計者からの各所のこだわり箇所へのコメント付き。室内のイメージパースも描かれていて、具体的な生活が思い浮かんでくるような間取図プランです。ただ、「1階はLDK+畳スペースで明るく大きな空間を取りたい」が叶っているかどうかは微妙な所…。

 

ハウスメーカーBから届いた間取図プラン

続いてB社。こちらも手書きで描かれた間取図プランです。シンプルで無駄の無い間取提案がされています。3社の中では最もリビングが広く設計されていて、個人的に一番住みたくなる間取図プランでした。

 

ハウスメーカーCから届いた間取図プラン

  • 配置図プラン
  • 間取図プラン
  • 立面図プラン

C社の間取図プランは設計ソフトで作られたものでした。ですが、外観立面図の提案書も付属していて、外観を含めた完成イメージを掴む事ができるのは他社に無い特徴でした。

 

正直、無料で頼めるレベルじゃない間取図プランが届いた

タウンライフ家づくりを利用して届いた各ハウスメーカーの資料と間取図プランを紹介しました。

実際に届いた資料を手に取って見てびっくりしました。それは、「無料で頼めるレベルのクオリティじゃねえ」と思ったからです。

いくらハウスメーカーにとって「将来のお客さん」になりうる人のためとはいえ、まだ資料請求レベルの段階です。正直、ソフトで作ったいかにもテンプレな簡易的な間取図プランが送られてくるだけだと想定していました(^^;

手書きだったり、パース図付きだったり、立面図付きだったり、ここまでのクオリティの間取図を作成してくれるのは、ポジティブな意味で驚かされました。

これだけの間取図プランが集まれば、否が応でも家づくりに対する具体的なイメージが広がりますし、今まで自分の中に無かった新しいアイデアも浮かんで来ます。

タウンライフ家づくりは、そんなマイホーム・家づくりの計画している人にとっては利用しない手は無いとハッキリ断言できるレベルのサービスと言えるでしょう。(というか、利用しないと本当に勿体無いと思います。。)

公式サイトを確認する

タウンライフ家づくりの概要を見る

 

タウンライフ家づくり利用の全記録と記入ポイントを解説!

さて、以下からは実際にタウンライフ家づくりで資料請求を行う際の記入のポイントを解説していきます。

ユウキ
私が実際にサービスを利用した時の記録写真を交えながら詳しく説明していきますよ!

 

【STEP1】都道府県・市町村の選択

まずはタウンライフ家づくりのトップページから入力が始まります。お住まいの都道府県・住所を選択します。

 

【STEP2】希望の間取りについての入力

「家族構成」「希望する間取り」「家の広さ」「水回りの周辺で希望する要望」等について入力していきます。

 

【STEP3】土地情報・希望予算・具体的な要望についての入力

続いて、資金計画や土地情報等を入力しています。

 

既に所有している土地がある場合はその土地の面積。土地を持っておらず、家づくりのタイミングで合わせて購入を考えている場合は「希望面積」を選択します。

※次のステップで土地図面を添付できるフォームが出てきます。土地をお持ちでない場合も、参考情報として土地情報サイト等に掲載されている図面写真を添付する事をオススメしているので、ここでは深く考えずおおまかな希望面積を選択しておけば大丈夫です。

 

希望予算を選択します。既に土地を所有している場合、建物代金のみの希望予算。土地の購入も合わせて考えている場合は土地+建物を含めて総予算を選択します。

 

「敷地法令調査」は土地を所有している人向けの項目です。各ハウスメーカーへ家づくりに関係する土地ごとの法制限(土地に対してどこまで大きい家を建てられるか?3階建ては可能か?等)の調査の意思表示をする事ができます。

希望する場合は「はい」を選択しましょう。土地をお持ちでない方や、特に調査を希望していない場合は「いいで」でOKです。

 

【最重要ポイント!】具体的な要望を記入する

タウンライフ家づくりの資料請求申込で一番重要なポイントがココです!このフォームに入力した内容を基に各ハウスメーカーが間取り作成を行うためです。わかりやすく要望を伝えるため、箇条書きで出来る限り具体的に記入をしましょう。以下は実際に私が今回の申込に当たって入力した内容です。

  • 駐車スペースは1台分でOK
  • 間取りは3LDK。2階の寝室を大きく取り、将来的に子供部屋2つへと間仕切りできるようにしたい
  • 1階はLDK+畳スペースで明るく大きな空間を取りたい
  • 収納は多く(リビング収納、ウォークインクロゼット、シューズクローク)希望
ユウキ
要望を具体的に入力しないと、設計を行う側も詳細な間取図プランが作れなくなってしまいます

 

コピペで使える!間取のアイデア集

「具体的に何を記入したらいいか迷っている…」という方のためにコピペでそのまま使える間取のアイデア集を準備しました!

子育て世帯、二世帯、狭小地とそれぞれアイデアを分けていますが、一通り目を通してみると自分にの中に無かったアイデアが見付かるかも…?ぜひご活用ください!

・子供部屋は大部屋にして将来間仕切りできるようにしたい
・台所からリビング全体を見渡せる間取にしたい
・台所→リビング→洗面所を行き来できる家事同線にしたい
・シューズクロークが欲しい
・洗面所の脇にランドリ―ルームが欲しい
・壁面収納が欲しい
・ウォークインクローゼットが欲しい
・車作業ができるガレージが欲しい
・階段はリビング内に設置したい
・リビングに壁面収納が欲しい
・子供たちが安全に遊べる畳スペースが欲しい
・駐車場は〇台分欲しい

・玄関ドアを2つ付けて完全分離二世帯にしたい
・玄関ドアは1つでいいが、台所、浴室、トイレは各階それぞれ欲しい
・玄関、台所、浴室は1つでいいが、それぞれのプライシーが保てるようリビングは2つ欲しい
・親世帯、子世帯の部屋がハッキリわかるように間取りを色分けして作って欲しい
・1階を親世帯、2階を子世帯で用途をはっきり分けたい
・駐車場は〇台分欲しい
・ホームエレベーターを付けたい

・駐車場は不要
・ロフトを作ってスペースを有効活用したい
・部屋数を少なくして、広々とした間取にしたい
・窓の位置と数を工夫してプライバシーを確保できる間取りにしたい
・小屋裏収納が欲しい
・地下室が欲しい
・3階建ての間取で作って欲しい
・3階建てが建てられるか調べて欲しい

公式サイトを確認する

タウンライフ家づくりの概要を見る

 

電話でのコンタクトやアポ無し訪問を避けたい時もここに記入する

電話でのコンタクトやアポ無し訪問を避けたい時もこの欄に記入を行いましょう。

私は「※現在情報収集・資料収集をはじめたばかりの段階のため、訪問や電話でのコンタクトは希望しません。よろしくお願い致します。」と記入しましたが、今回の場合この書き方で実際に電話へアポ無し訪問を行ってきた業者はありませんでした。

この方法で100%電話・アポ無し訪問をシャットアウトできるとは限りませんが、要望を記入したにも関わらずこちらの意にそぐわない対応をされた場合、「商談時に強引な手法を取る可能性があるハウスメーカー」とそうではないハウスメーカーを見分ける判断材料になると言えますね。

ユウキ
今回資料請求を行ったハウスメーカーは、資料の送付かメールでのやりとりがあったのみ。「今後のご計画について、もしよろしければ電話やメールでお聞かせ頂けないでしょうか」といったように、要望に沿った対応をしてくれたハウスメーカーばかりだったので好印象でした。

 

土地図面の添付でより具体的な提案が受けられる

土地をお持ちの場合、土地図面を添付する事で、より具体的な間取り提案資料を作成して貰う事ができます。もし「土地を持っているけど図面が無い…」、「建て替えを希望しているが土地図面を無くしてしまった…」という場合でも、手書きで簡単にでも良いので、以下の情報を書き込んだ簡易図面を写真で取り、添付するようにしましょう。

  • 周辺道路状況
  • 土地の向きと形状
  • 幅メーター数
  • 奥行きメーター数
ユウキ
せっかくの現役建築士に間取り制作を依頼するチャンスです。具体的な情報を記載しない手はありません!

 

【裏ワザ!】土地を持っていない場合でも、土地情報サイトの図面添付でもOK

「まだ家づくりの初期計画段階で土地なんて持ってないよ…」という方に朗報です。土地を持っていなくても、例えばsuumo等に掲載されている販売図面の写真を撮り、その販売図面の土地形状から間取図プランを作成して貰う事も可能です。

実際に土地未所有の知人にこの方法で資料請求を行って貰ったのですが、しっかりと間取図プランを制作して貰えたとの報告がありました。

ユウキ
自分達が理想としている土地に近い販売図面情報を添付すれば、土地を持っていなくても、どんな間取で家づくりが出来るのかを具体的に想像できるようになりますね!

公式サイトを確認する

タウンライフ家づくりの概要を見る

 

【STEP4】個人情報の入力

要望の記入が完了したら、個人情報の入力を進めていきます。

 

「建築予定地」を選択します。建て替えの場合は「現住所と同じ」、別住所に土地を所有している場合は「別住所」、土地を未所有の場合は「未定」を選択します。

 

「別住所」を選択した場合に限り、住所詳細を入力しないと申込完了できないので注意が必要です。

 

最後にメールアドレス、電話番号の入力を行えば、個人情報入力は完了です。

ユウキ
ここまでくれば、後は資料請求を行うハウスメーカーを選ぶだけです!

 

【STEP5】資料請求を行いたいハウスメーカーを選択

最後に資料請求を行うハウスメーカーを選択します。ずらりと並んでいますね! ※お住まいの地域によって選択肢として現れるハウスメーカーの種類や数は異なります。

 

「どのハウスメーカーから資料請求を行うか?」ですが、私は全ハウスメーカーから資料請求を選ぶ事をおすすめしています。

理由は簡単、資料請求を行った先、全てのハウスメーカーから間取図プランを作成して貰えるとは限らないからです。せっかく資料集め・情報集めを行うのだから、詳細なプランを集められる確率は少しでも上げておいた方が良いと言えるでしょう。

ユウキ
「あまりに沢山のハウスメーカーに資料請求を行うと電話や訪問営業が怖い…」という不安もありますが、前述した通り、要望蘭に記入をすれば、電話やアポ無し訪問等によるコンタクトは避ける事ができます。ぜひ参考にしてみてください。

 

資料請求の申込が完了!

最後に「オリジナル家づくり計画書作成を依頼する」ボタンを押せば、資料請求作業は完了です!

 

具体的なプランを確立し、マイホームの計画で良い準備を行う上でこれ以上無いサービス

ハウスメーカーによって若干の違いはありますが、大体5~7日程度の日数で資料が自宅に届きます。

以上、だいぶ長い文章になってしまいましたが、タウンライフ家づくりのサービス解説をさせて頂きました。

タウンライフ家づくりを通して資料請求を行う事で、各ハウスメーカーの建築士・設計士が間取図を作成してくれるのは、ハウスメーカーから直接資料請求では得られないメリットを受ける事ができます。

家づくりの計画段階から間取図プランが集まれば、家づくりに対する具体的なイメージが広がり、今まで自分の中に無かった新しいアイデアも浮かんで来る事でしょう。

マイホーム・家づくりの計画で良いスタート切るために、はこれ以上無いサービスだと思います。

ユウキ
タウンライフ家づくりは情報収集を行い、自分の中で具体的なプランを確立するためには持ってこいな手段だと言えます。ぜひ、活用していく事をおすすめします。

公式サイトを確認する

タウンライフ家づくりの概要を見る

 

投稿日:2019年3月13日 更新日:

Copyright© 注文住宅ラボ , 2019 All Rights Reserved.