セルフリフォーム(DIY) 中古住宅のリフォーム

自宅の階段に手すりをDIYで取り付けてみた!

投稿日:2015年11月16日 更新日:

 

購入した中古住宅のリフォーム箇所を紹介シリーズ!

中古住宅を低予算(100万円)でリフォーム! 改修箇所を紹介します!

 

という事で、今回は階段に手すりを取り付けてみました!

 

こちらの記事にてDIYをするなら最低限用意しておきたい工具・道具を紹介しています!

階段に手すりを設置するメリット

 

階段に手すりが付いていない家って意外と多いですよね。

 

手すりがないと、階段を昇り降りする時に危険なのはもちろん、壁に手を付きながら階段を上下する事が多くなってしまうので、手垢で壁紙の汚れも付きやすくなってしまいます。

 

安全面・壁紙の美観を維持するために、階段の手すりは有るに越した事は無いんです。

 

が、ネックになるのが取り付け費用。業者に頼めば材料代と工事費がそれぞれ3~4万、総工費7~8万円掛かり、決して安価な費用では済みません。

 

中古住宅を購入した我が家の階段も手すりが有りませんでした。

 

image

image
踊り場がある廻り階段。手すりが無いと昇り降りがしんどそうです。

 

リフォームの予算的にも必要以上な出費は避けたい・・・。

 

「・・・やった事ないけど、材料買って自分で取り付けたるか!」

 

日曜大工の血が騒ぎ、結局DIYで取り付ける事に決めました笑

 

必要な材料

 

住宅用木製階段手すりセット

木製手すり棒 4M × 1本

木製手すり棒 2M × 1本

ブラケットL型通 × 9個

自在ジョイント × 2個

セイフティエンド × 2個
が同封されたセットです。それぞれバラ売りされているものなので、私は「木製手すり棒 2M」を1本、「自在ジョイント」を3個追加で注文しました。必要に応じて買い足しましょう。

 

カラーのバリエーションは、「手すりがライトオーク、ブラケットとジョイントがシルバー」、「手すりがミディアムオーク、ブラケットとジョイントがゴールド」の2パターンがあります。

 

インパクトドライバー
※下地にビスを打ち込むので、14V以上のパワーがあるものが望ましいです。

下地探し

のこぎり

 

壁の中に隠れている間柱(下地)をさがせ!

 

壁掛けテレビ取り付けの記事でも書いたのですが、壁に重量がかかる物を取り付ける場合は、壁裏のしっかり間柱に固定してあげる必要があります。

 

手すりの場合も同じで、大人の体重であれば手すりにも結構な負荷が掛かるので、間柱を探してそこに取り付けなければいけません。

 

間柱を探すには、下地探しが必要です。間柱が通っている場所には必ずビスが打ってあるので、下地探しに付いているマグネットがくっつきます。

 

image

image
「パチっ」とな。

 

image
念のため、下地探しの針になっている面を壁に刺して確認。壁の途中で針が固いものにぶつかって奥まで刺さりません。間柱が無い場所では針が「ズボッ」と奥まで刺さっていくので、ここに間柱がある事は間違いないようです。

 

ブラケットを間柱に固定していく

 

間柱が通っている場所が判ったら、後はその数だけブラケット固定していきます。

 

住宅用手すりセットに同封されている9個のブラケットがあれば、大概の階段なら足りるはずです。

 

image
インパクトドライバーで「ガガガっ」と打ち込んでいきましょう。

※間柱にビスを打ち込むには結構なパワーが必要なので、インパクトドライバーは最低でも14V以上の物を用意しましょう

パワーが足りないと、打ち込めないばかりか、あっという間にバッテリーが切れてしまってまるで作業になりません・・・。

 

手すりを必要な長さに応じてカットする

 

住宅用手すりセットで付いてくる4m、2mの手すりを、必要な長さに応じてカットします。

 

image
のこぎりで必要な長さを切り落とす!カット部分は後でジョイントで隠れるので、多少斜めになるくらいだったら問題ありません。

 

image

image
我が家の場合、画像の様に6本に分けてカットする必要がありました。

 

それぞれのカット部位は自在ジョイントで接続します。

 

今回の場合、接続箇所が5か所必要になるので、自在ジョイントを5個使用しました。

 

手すりをブラケットに通し、ジョイントで接続すれば完成!

 

ブラケットの固定が終わり、必要な手すりのカットが終わったら、一本ずつ手すりを通して自在ジョイントを接続していきます。

 

image
通した終わったところから、ブラケット裏にある固定穴にビスを打ち込んで、手すりとブラケットを固定していきましょう。

 

image
ジョイント部の固定穴にもビスを打ち込んで手すりを固定。

 

全てのブラケットに手すりを通し、ジョイントの接続も完了!手すりの取り付けが完成です!

 

image

image

image
Before

 

image

image

image
After

 

我ながら素晴らしい出来栄え(*’ω’*)

 

妊娠中の奥さんからも、歳をとって足腰が弱り気味な両親からも大好評です。

 

総工費は36,623円!

 

業者に頼むより半額の予算で取り付ける事ができました!

 

間柱を探したり、手すりのカットやジョイントの接続等、難しい作業も多いですが、日曜大工に自信がある方は是非挑戦してみてくださいね(・∀・)!

 

家づくりで絶対に失敗したくない方へ

"タウンライフ家づくり"という「ハウスメーカー勤務の建築士が無料で間取図プランを制作してくれるサービス」をご存知でしょうか?

実際に各ハウスメーカーから送られてきた間取図プラン

  • 「アポ無しの訪問営業や電話連絡が沢山来るようになるんじゃないの…?」
  • 「ソフトで作った簡易的でショボい間取図しか貰えないんでしょ…?」

ハウスメーカーのグループ会社に勤務していて日々家づくりに携わっている私が、タウンライフ家づくり実際に利用した上で、「誰が得をして、誰が損をしているのか?」、「実際にアポ無し訪問は電話連絡はあったのか?」といった部分まで踏み込みサービス概要を丸裸に解き明かしてみました。

結論を言うと、私が実際に利用してみた限り「アポ無し訪問・電話連絡無し」で間取図作成のサービスを依頼する事ができました。

家づくりの情報収集をしている人、または計画している人は、利用しない手は無い優良なサービスだと思います。

勿論、「現在土地を所有をしていない人」、「家の建て替えを考えている人」でも同じように図面を作成して貰う事ができます。

ぜひ、下記の記事からサービス概要を確認してみてください。

タウンライフ家づくりの詳細解説ページを見る

関連記事をみる

-セルフリフォーム(DIY), 中古住宅のリフォーム

Copyright© 注文住宅ラボ , 2019 All Rights Reserved.