セルフリフォーム(DIY)

蛇口を閉めても水がポタポタ滴り落ちる・・・ スピンドル交換をしよう!

投稿日:2015年6月25日 更新日:

昨日、祖母から急に連絡があり、「流しのハンドルを閉めても水がポタポタ止まらないから何とかしてけろ!」との事(゚Д゚;)

どれどれ、と様子を見に行っててみると。。
image

赤丸の部分から水が滴り落ちてますね~。(じゅんいちD風)

 

これは、ハンドルの下にある「スピンドル」という止水部品のパッキン劣化によるものです。という事で、今回は「スピンドル・ハンドル交換」いっちゃいましょう!

 

こちらの記事にてDIYをするなら最低限用意しておきたい工具・道具を紹介しています!

スピンドル・ハンドル交換

 

◆今回使用する材料
LIXIL (INAX) スピンドル部 A-732-7 ×2個
LIXIL (INAX)水栓金具ハンドル A-2002-1(水用) ×1個
LIXIL (INAX)水栓金具ハンドル A-2002-2(湯用) ×1個
※既存のハンドルが使えない場合があるので、スピンドルとハンドルはセットで交換してください。

◆今回使用する工具
・プラスドライバー
・プライヤー

 

①既存のハンドル部分のカバーを外し、固定ネジを緩めると、ハンドルが外れます。
image

 

 

②画像の様に既存のスピンドルをプライヤーで掴み、左へ回し緩めます。
image

 

 

③既存のスピンドルを外し、新品の部材と並べました。30~40年ものなので、とんでもなく錆びてます笑
丸で囲ったコマパッキンが劣化してくると、うまく止水できなくなり、水がポタポタ滴り落ちるわけですね。
image

 

 

④外した時と逆の要領で今度はスピンドルを取り付けます。この時、スピンドルを締め付けすぎないように注意!
手で締められるところまで締めて、プライヤーで3~4回締めるくらいで大丈夫です!
image

 

 

⑤最後に、装着した新しいスピンドルに新しいハンドルを取り付けて完了です!
image

 

 

以上で作業完了です!スピンドル・ハンドルを交換すると、水漏れが止まり見栄えも良くなるだけでなく、
ハンドルの取り回しも非常にスムーズになります!それがすごく気持ちいいですねw

水道屋さんに頼んだら、出張費・材料代も含めて1万円程度はかかるでしょうか。
作業自体も難しくなく、簡単な道具でできるので、「自分にもできそうかな?」と思ったらぜひチャレンジしてみてください(・∀・)!

家づくりで絶対に失敗したくない方へ

"タウンライフ家づくり"という「ハウスメーカー勤務の建築士が無料で間取図プランを制作してくれるサービス」をご存知でしょうか?

実際に各ハウスメーカーから送られてきた間取図プラン

  • 「アポ無しの訪問営業や電話連絡が沢山来るようになるんじゃないの…?」
  • 「ソフトで作った簡易的でショボい間取図しか貰えないんでしょ…?」

ハウスメーカーのグループ会社に勤務していて日々家づくりに携わっている私が、タウンライフ家づくり実際に利用した上で、「誰が得をして、誰が損をしているのか?」、「実際にアポ無し訪問は電話連絡はあったのか?」といった部分まで踏み込みサービス概要を丸裸に解き明かしてみました。

結論を言うと、私が実際に利用してみた限り「アポ無し訪問・電話連絡無し」で間取図作成のサービスを依頼する事ができました。

家づくりの情報収集をしている人、または計画している人は、利用しない手は無い優良なサービスだと思います。

勿論、「現在土地を所有をしていない人」、「家の建て替えを考えている人」でも同じように図面を作成して貰う事ができます。

ぜひ、下記の記事からサービス概要を確認してみてください。

タウンライフ家づくりの詳細解説ページを見る

関連記事をみる

-セルフリフォーム(DIY)

Copyright© 注文住宅ラボ , 2019 All Rights Reserved.